その育毛剤、効かないよ?

育毛剤の嘘・AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

リグロEX5(ミノキシジル5%)は女性でも発毛効果はあり!ただし自己責任で

リグロEX5を女性が使ってもいいのか最初に結論:
理論上はリグロEX5を女性が使えば発毛します。
ただしリグロEX5は男性向けにしか認可されていない発毛剤です。

なぜ女性向けに認可されていないのか、また本当に女性がリグロEX5を使って発毛するのか解説してみました。


f:id:aga-aga:20181102123610p:plain

リグロEX5を女性が使えば発毛効果はある

リグロEX5の有効成分はミノキシジルなので、女性が使えば発毛効果が得られます。
ミノキシジルは男性だけでなく、女性にも発毛効果があると正式に厚生労働省が認めています。

ただし現在女性向けに認可されたミノキシジル発毛剤はリアップリジェンヌだけで、これは有効成分のミノキシジルがちょっと薄いタイプとなっています。

製品名 有効成分 男女どちら向け?
リアップリジェンヌ ミノキシジル1% 女性向け
リグロEX5 ミノキシジル5% 男性向け

日本国内ではミノキシジル5%の発毛剤が3種類存在しますが、いずれも男性専用となっており女性向けではありません。

ただし、もちろん女性がリグロEX5などのミノキシジル5%発毛剤を使ったら発毛効果はあります。
ミノキシジル5%よりも濃度が薄いミノキシジル1%を使っても発毛効果があるわけですから、ミノキシジル5%で発毛効果を得られないわけがありません。
男性が対象ではありますが、ミノキシジル5%の方がミノキシジル1%よりも発毛効果が高いデータが製薬会社から提示されています。

女性向けに認可されていないからといって、発毛効果が無いわけではありません。

なぜリグロEX5は女性向けに発売されていないのか?

医薬品を国内で発売するときは、必ず男性・女性の両方が使っても問題ないかどうかを実験して、国(厚生労働省)に提出しなければいけません。

この実験は結構大変でお金や費用がかかってしまうため、男性にしか売れない医薬品であれば実験対象を男性だけに絞ることで開発コストを下げることができます。

日本で発毛剤はほぼ男性にしか売れないため、リグロEX5も男性向けにしか認可を得ないという判断をしたようです。

ようするに単に開発・製造コストの問題であって、女性はリグロEX5で発毛効果を得られないというわけではないのです。



リグロEX5を女性が使っても副作用はないの?

日本国内ではリグロEX5の有効成分であるミノキシジル5%を女性が使用した臨床データがないため、副作用が生じるかどうかはわかっていません。

ただし海外では普通に女性向けにミノキシジル5%の発毛医薬品が売られています。
アメリカではロゲイン(Women's Rogaine)という商品名で2014年2月にミノキシジル5%外用薬が認可されています。

つまり女性だからといって使えないということはないのです。
海外の女性と日本の女性は体格などが違うため単純に比較はできませんが、頭皮に塗るタイプのリグロEX5であれば副作用は生じにくいでしょう。

なおアメリカで認可されている女性向けミノキシジル5%であるロゲインは、1日1回使用するようになっています。
男性向けロゲインやリグロEX5は1日2回使うタイプなので、回数が少なくなっています。
男性と同じ量を使うと少し副作用が強く出てしまうからでしょう。

内服タイプのミノキシジルは要注意

なお海外ではミノキシジルの内服薬(錠剤)も処方されていますが、女性は内服タイプのミノキシジルは飲んではいけません。
副作用が強く出るとされています。

あくまで女性が使っても問題ないのはリグロEX5のような外用薬タイプのミノキシジルです。
なお男性向けの定番発毛剤である「フィナステリド」は女性厳禁です!

成分名 男性 女性
ミノキシジル5%外用薬(リグロEX5など)
ただし認可はされていない
ミノキシジル1%外用薬(リアップリジェンヌなど)
ミノキシジル内服薬
フィナステリド ×

まとめ

女性がリグロEX5を使えば発毛するでしょう。
有効成分ミノキシジル5%は世界中で女性向けに発毛効果が実証されているからです。

ただしリグロEX5は男性向けにしか認可されていないため、ドラッグストアーで女性が購入しようとしても断られる可能性が高いです。
リグロEX5は第一類医薬品ですから薬剤師の許可が無いと買えません。