その育毛剤、効かないよ?

育毛剤の嘘・AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

卓球はハゲない、サッカーはハゲる?日本のスポーツ別ハゲ率を調査

野球、サッカー、バスケット、バレー、卓球

おそらく日本の競技人口トップ5はこの5競技だと思うんですよね。野球サッカーは当然として、バスケットも中高生の登録者数はかなり多い。卓球は中高生に加えて大人層も相当。バレーも部活が盛ん。

そんなわけで、日本で盛んなこれらのスポーツ競技のトップクラスの20人〜を選出して「薄毛かどうか」をチェックしてみました。

・薄毛じゃない(5点)
・薄毛の兆候がある(2点)
・M字ハゲになりつつある(0点)
・完全に薄毛(-2点)

この4段階で評価して合計値を算出することで、日本の人気競技別の薄毛発症率を算出しようという非常に野心的かつしょーもない企画です。

どの20人を選出したか、またどのアスリートを薄毛と判定したのかはあえて公表しないことにします。「〜〜は薄毛」などとアスリートを揶揄するような記事は書きたくないですからね。

それでは結果発表。上位ほど薄毛の選手が少ないということです。

第1位 卓球

f:id:aga-aga:20180823013237p:plain:w400
脅威の94点を叩きだしたのが卓球です。薄毛っぽい人が全然見つからないレベル。非常に健康的な髪の毛を持つ選手ばかりでした。

第2位 バレー

卓球についで2位にランクしたのがバレーボール。あんまり薄毛な人はいないけど、ちょこちょことヤバイ選手が見つかりました。また過去の日本代表を振り返ると完全に薄毛の選手もいましたね。

卓球とはちょっと差がありますが堂々の2位です。

第3位 バスケット

3位はスラムダンク人気で競技人口が爆発した後も、中高生レベルでは部活人口上位のバスケットです。2位のバレーに比べるとちょっと薄毛率が高いですね。

第4位 野球

4位は日本でも屈指の人気スポーツである野球。普段はキャップを被っている選手ですが、プライベートなどの画像で判断しました。バスケットとはさほど差がありませんが、20代から着々と薄毛になるトップ選手が目立ちます。

第5位 サッカー

最も薄毛になりやすいのはサッカーでした。4位の野球とかなり離れた5位。とにかく薄毛の選手ばかりという印象です。

古くはJリーグブーム当時に大人気だった鹿島アントラーズのアルシンド選手。河童(かっぱ)のような綺麗なつむじハゲで「アルシンドになっちゃうよ〜」というアデランスのCMもブームになりました。

しかし現在の日本選手でつむじタイプの薄毛はほとんど存在せず、圧倒的に多いのがM字ハゲタイプの薄毛。記憶に新しい2018年ロシアワールドカップの日本代表にも、ちょっとヤバメの選手が多くいましたね。

他を寄せ付けないレベルで薄毛が多いのはサッカーでした。

なぜ卓球は薄毛が少なく、サッカーは薄毛だらけなのか

まず薄毛率が低い卓球、バレー、バスケットは屋内競技で、薄毛率が高い野球とサッカーは屋外競技という違いがあります。屋外で長時間過ごしていると紫外線の影響を頭皮がもろに受けるため、薄毛になりやすいのかもしれません。

サッカーは唯一「頭」を物理的に使うスポーツです。ボールをヘディングしますよね。まあこれは関係ないでしょう。

競技ごとに男性ホルモンの量が違うのではないか

さて、私がスポーツごとの薄毛の原因と疑っているのは「男性ホルモンの有無」です。男性ホルモンが強めの人は薄毛になりやすいのはもう常識となりつつあります。男性ホルモンであるテストステロンは体内の酵素と結びつき薄毛を引き起こすDHTとなります。DHTこそが薄毛の元凶であるとすれば、男性ホルモンが強い、濃い人ほど薄毛になりやすいということになります。

卓球とサッカー。なぜ薄毛発症率がここまで差があるのかは、男性ホルモンと関係があるのではないでしょうか。

つまり卓球をやる人は比較的男性ホルモンが薄く、サッカーをやる人は男性ホルモンが強め。そう考えるとなんとなく合点がいきますね。

トップレベルの卓球選手の画像を100枚ほど見て真っ先に感じたのは、すね毛の薄さです。卓球は非常に短いパンツを履くスポーツなので足が丸見えなんですが、まあとにかく皆さん足が綺麗。脱毛してんじゃないか?ってぐらいすね毛が薄いんですよね。男性ホルモンが強いほど体毛は濃くなりますから、卓球選手は男性ホルモンが薄いのかもしれません。

逆にサッカーをやる男性は少々血の気が荒いタイプが多い印象を受けます。中高生の部活でもサッカー部と卓球部では性格が全然違いますよね。サッカーはちょっとオラオラ系、卓球はナイーブでシャイ。男性ホルモンの量が関係しているのかもしれません。

まとめ

卓球を始めれば薄毛が治る!という話ではなくて、子供の頃に卓球を始めるのは男性ホルモンが薄い人が多いのではないかという仮説を立ててみました。

ちなみにラグビーの薄毛率も相当に高そうです。男性ホルモン量はサッカー選手より高そうですよね。今度また時間があったら調査してみます。