その育毛剤、効かないよ?

育毛剤の嘘・AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

フラーレンに発毛、育毛効果はない

BOSTONスカルプエッセンスに含まれれている「フラーレン」という成分。


これに育毛効果があると宣伝しているようですが、真っ赤な嘘です。
発毛効果も育毛効果も何もございません。


フラーレンとは

フラーレンとは1985年に発見された物質。イギリスの化学者ハロルド・クロトー、アメリカの物理学者、天文学者、化学者リチャード・スモーリー、同じくアメリカの化学者ロバート・カールらによって見出されました。

フラーレン自体は非常に有用性のある物質で、HIVの治療などに使えるのではないかと期待されています。なお、発見した3人の化学者らは1996年にノーベル賞を受賞しています。このノーベル賞をフラーレン入り育毛剤の宣伝材料に使っている業者の商魂のたくましさには感心しちゃいます。全然育毛と関係ないのに。

フラーレンの育毛臨床実験では「髪の毛が伸びる速度がちょこっと上がった」

2007年に産総研(産業技術総合研究所)という日本を代表する研究機関により、フラーレンは活性酸素を除去する性質があることが発見されたことから、美容業界は「アンチエイジングに使える!」「肌が若返る!」と飛びつきました。いわゆる抗酸化物質ってやつです。

人間の身体は活性酸素によって「錆びる」ので、フラーレンのような抗酸化物質を使えば活性酸素が除去されて若返るっていう理屈です。

で、当然日本の育毛剤業界もフラーレンに飛びつくんです。

活性酸素は人間にとって有害なため、それを除去してくれるフラーレンを頭皮に塗れば髪の毛が発毛する!という得体のしれない仮説をぶちまけてさっそく臨床実験が行われました。

30〜50代の男性16人を集めて8人、8人の2グループに分け、それぞれ「フラーレン入りのトニック」と「フラーレンなしのトニック」を24週間(6ヶ月)塗ってもらうという実験です。

臨床実験期間の6ヶ月はともかくとして、16人という被験者は少なすぎます。
8人ずつの2グループで比較しても正確なデータは取れないはずです。
この時点で実験の意義がいまいちなんですが、実験結果も微妙なものとなってしまいました。

本数、密度は一切変化なし!

・・・ダメじゃん。


でも髪の毛が伸びる速度は上がったそうです。
1.1倍ほどに。


それ誤差の範囲じゃないの。

活性酸素が原因で薄毛になるわけじゃないからフラーレンは効かない

男性の髪の毛が薄毛になる原因は男性ホルモンDHTです。決して活性酸素によって薄毛になっているわけじゃない。
だから仮に本当にフラーレンが活性酸素を除去してくれる効果を持っていたとしても、それが薄毛治療効果につながるっていうのは論理が破綻してる。

でも育毛剤業界はこういうまやかしを平気で消費者に押し付けてくるんですよね。

フラーレン入り育毛剤

BOSTON(ボストン)スカルプエッセンス

1ヶ月分:9800円(2018年8月現在)という鬼のように高い価格で売られている、フラーレン入り育毛剤がボストンスカルプエッセンス。株式会社エスロッソ。

キャピキシルとピディオキシジルに加えて、フラーレンが入ったことを売りにしている育毛剤。
BOSTONっていうのは育毛サプリで有名なので、その流れで購入する人が多いんだと思われる。

キャピキシルに効果が無いことはこのブログでも散々紹介しています。ミノキシジルの3倍効くなんて真っ赤な嘘です。騙されちゃいけません。

aga-aga.hatenablog.jp

PHRローションEXプラス

amazonで7000円。
フラーレンが入っているばかりか、プロキャピル(オレアノール酸・アピゲニン・ビオチノイルトリペプチドの総称)というミノキシジルと同等の効果があるなどとメーカーが宣伝している育毛成分です。信じないでくださいね。

メセルスカルプケアSRエッセンス

公式サイトで5918円。
メセルというメーカーはマイナーでほとんど知られていないかもしれません。

「フィナステリドでは顕著な改善はしないし、ましてや育毛剤や育毛シャンプーで改善するわけがない!」と企業サイトで言い切っています。これは大変好感が持てますね。

…しかしその結果、じゃあ何を売っているのかというとフラーレン入りの育毛剤。
しかもそれを使って育毛サロンをいまどき展開しており、数万円から数十万円ものコース料金が掲げられています。
主に女性をターゲットにしているよう。

さすがに言っていることがめちゃくちゃです。
フラーレンを発見した化学者達も泣いていることでしょう。

フラーレンを使った育毛サロン、美容室向け「HEXAGFACTOR」

HEXAGFACTOR(ヘキサジーファクター)は美容室や育毛サロン向けに開発されたフラーレンやキャピキシル入りのヘッドスパ用品です。
グロスファクター理論なる謎の言葉を発している神戸の「三資堂製薬」というメーカーが2016年9月より展開しています。

・ヘキサジーファクター1(GF1)…フラーレン
・ヘキサジーファクター3(GF3)…キャピキシル

これらを美容室などでヘッドスパとして使っているようです。
実際にフラーレン入りのヘキサジーファクター1(GF1)を使っている美容室の育毛メニューをいくつか調査していみました。

だいたい2回で13,000円程度。
3ヶ月コースで6万円。
専用育毛剤付きだと12万円。

高すぎ…。

髪を切りに行ったら、

「お客さん、だいぶ薄毛になりつつありますね、このままだとヤバイですよー」
「うち、フラーレンあるんだけど塗っていく?13000円」
「12万コースもあるよ?やるでしょ?ハゲたくないでしょ?」

ってな感じでセールストークされるんでしょうか。

怖すぎます。
そんな美容室行きたくない。

フラーレンまとめ:育毛効果など期待するな

育毛業界に着々とフラーレンが根付き始めています。
育毛剤だけでなく、ヘッドスパ用品として美容室にも展開されていることに驚いた人もいるのではないでしょうか?


フラーレンの発毛効果など真っ赤な嘘!
効きません!
高すぎるし!


ノーベル賞をうさんくさい育毛剤のために利用しないで欲しいものです。