読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AGAと戦う人に読んで欲しいブログ

AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

自毛植毛完全マニュアル2017年版

この記事では現在薄毛治療に対して最も確実性が高く、そのぶん費用も高いと言われている自毛植毛について解説します。2005年に登場したプロペシアの陰に隠れて薄毛治療としては地味な存在として扱われてきましたが、自毛植毛はここ10年で劇的な進化を遂げきた薄毛治療手法です。以前のフラップ法などに比べると抜群の効果を発揮するFUT法やFUE法が日本でも主流となってきて、また年々費用も下がってきて施術を受けやすくなってきました(それでもまだまだお高いですが…)。

高い分気軽に受ける事ができない治療なので、よく自毛植毛のことを調べてから自分に合っているかどうかを考えていただけるようわかりやすく2017年の最新事情も踏まえて解説していきたいと思います。

自毛植毛とは

自毛植毛を一言で説明するならば、「側頭部や後頭部に残っている健全な毛根ごと採取し、薄くなった部分に移植する」というものです。かなり薄毛が進行してしまった人でも側頭部や後頭部にはかなり毛髪が残っているケースが多いですよね。なぜそういう事が起きるかと言うと、側頭部や後頭部や男性ホルモンの一種であるDHTの影響を受けにくいために、脱毛しにくいのです。逆に前頭部はDHTの影響をモロに受けてしまうためにAGAを発症するとすぐに抜け落ちてしまうのです。

この側頭部や後頭部の髪の毛が残っている部分を毛根ごと採取し、前頭部に移植(植える)してしまえば、そこからまた髪の毛が生えてくるわけです。これが自毛植毛の簡単な説明です。

自毛植毛の最大のメリットはその確実性です。プロペシアミノキシジルなどは安価に治療できるために大ブームとなりましたが、残念ながら全ての人に効果があるわけではありませんでした。またかなり薄毛が進行してしまってからプロペシアを服用しても現状維持止まり(それでも凄いことですが)になってしまう人も多かったです。安価で手軽なぶん、かなりAGAが進んでしまった人には劇的な改善が見込めない治療法と言えるでしょう。

それに対して自毛植毛は、側頭部や後頭部に大量の髪の毛が残っていれば(ちなみにこれをドナーと呼びます)、かなり薄毛が進行した人でも劇的に生え際を前進させたり頭頂部の密度を濃くすることが可能なのです!

これこそが自毛移植の最大のメリットでしょう。手術の失敗等が無ければプロペシアなどのように改善するかどうか運任せといった事がありません。最新の移植手法であるFUT法などでは髪の毛が定着率が95%にも及びますから、後頭部より1000本を頭頂部に移植すればほぼ1000本が定着し、頭頂部の密度は劇的に改善されます。素晴らしい治療方法です。

ちなみに毛根を皮膚ごと採取すると聞くとめちゃくちゃ痛そうな気もしますがもちろん麻酔を使うので痛みはほとんど感じません。

治療をやめても効果が継続

そしてもう一つ大きなメリットがあります。プロペシアミノキシジル、あるいは成長因子治療などは、治療をやめたら効果が無くなり薄毛がまた進行してしまうというデメリットがあります。いったん治療をしはじめたら現状維持するためにずっと治療を継続しなければならないのです。一ヶ月7000円かかる治療を選択したら、10年で80万以上かかってしまいます。

しかし自毛植毛はいったん移植してしまえばその効果はその後メンテナンスをしなくても継続します。さらに言えば、移植前より移植後の方が脱毛に対して強くなれる可能性すらあるのです。なぜならば、移植に使う側頭部や後頭部のドナー(毛根)は先述したようにAGAを発症させる男性ホルモンの一種であるDHTに対して非常に強い毛根なのです。だから薄毛が進行してもまだ力強く髪の毛を生やしてくれているのです。その毛根を前頭部や頭頂部などに移植したらどうなるでしょうか。元々生えていた毛根よりもDHTに対して強い毛根になれるのです!このメリットも非常に大きいです。移植後は移植前よりもAGAに強くなれるのです。

デメリット

もちろん自毛植毛にもデメリットはあります。ここからは自毛植毛のデメリットについて解説していきます。

費用

まずはやっぱりこちら。費用です。お高いです。なかなか手を出しづらいです。プロペシアが毎月数千円で済むところ、自毛植毛は最低でも何十万
かかってしまいます。この高額な費用を捻出できるかどうかが最大のハードルと言えるでしょう。薄毛の進行具合にもよるのですが、だいたい100万円ちょっとはかかってしまいますね。20代の若い人には捻出するのがほとんど不可能に近い金額です。

傷、無毛部分ができてしまう

また、自毛植毛の施術方法によってはドナー(後頭部・側頭部の毛根)を採取する際に無毛部分(二度と毛が生えてこない部分)や傷が残ってしまいます。特に無毛部分の問題は避けて通れません。前頭部や頭頂部に移植するために側頭部や後頭部より何千本という毛根を皮膚ごと採取しなくてはならないのわけですから、その部分からはもう毛が生えてこなくなるのは当然です。

もちろん施術時にその辺りは考慮してからドナーを採取します。毛が生えなくなる部分が目立たないように工夫して採取してくれます。基本的には両耳を後頭部側よりぐるっと囲んだ部分を使う事が多いです。ここならばその部分より上の髪の毛が覆い被さることによって無毛部分が全く目立たなくなるからです。しかし短髪の人だと無毛部分を隠せるだけの髪の長さが確保できません。そのため自毛植毛を受けた人は少し長めのスタイルに変更する必要があります。

後で詳しく解説しますが、施術方法によって無毛部分の大きさは異なります。現在主流となっているFUT法ではかなり大きめの無毛部分(例えば縦2cm、横15cm)ができてしまいますし、FUE法と呼ばれる方法だとパンチの穴のような無毛部分が多数できるようなイメージです。どちらがより目立ちにくいかはヘアスタイルによりけりなので一概には言えませんが、FUEの方が目立ちにくい傾向にあります。ただしFUT法では無毛部分を小さくするような事も可能です。

手術後、半年ぐらいは我慢の時期

一つの毛根から生えている髪の毛というのは常にずっと生え続けているわけではありません。成長期→脱毛期→成長期→脱毛期というサイクルを繰り返しているようなイメージです。他の毛根が脱毛期で休んでいる間は他の毛根が成長期で頑張って生えているわけです。

自毛植毛の手術後の初期に問題となるのはこの髪の毛の生え変わりのサイクルです。基本的に移植した毛根は、移植直後は脱毛期になると考えて下さい。つまり、移植してもしばらくは生えてこない可能性が高いのです。
3ヶ月程度で生えてくる事もありますが、だいたいは半年ぐらいから細くて弱々しい毛が生えだします。その後時間をかけて太くて黒々しい髪の毛に成長します。だいたい1年ぐらいかかるケースが多いです。移植してすぐに前頭部・頭頂部がふさふさの状態になるわけではないんですね…。

これはデメリットでもありますが、ポジティブに捉えるならばメリットにもなり得ます。もし自毛植毛したことを他人に知られたく無い場合、いきなり後頭部の髪の毛が前頭部に定着してフサフサになっちゃうとバレバレですね。「カツラじゃないのか?」と職場で噂がたつかもしれません。なので、半年から1年をかけて徐々にフサフサになった方がある意味いいのかもしれません。

またもう一つヘアサイクルの件でデメリットを。毛根を移植する時にその毛根から毛髪が生えているということは、ヘアサイクルにおいては成長期ということになります。そして移植した毛根のサイクルが全て成長期の可能性が高いです。これは後々問題となります。通常、一つ一つの毛根のヘアサイクルは微妙に異なるために、成長期の毛根が頑張って髪の毛を生やしている間は脱毛期の毛根は休んでいても全体の毛髪料に不自然さはありません。しかし、全ての毛根のサイクルが同じだったらどうなるでしょうか?みんな一斉に脱毛期がきて悲惨なことになってしまいます。

これが自毛植毛の時に起こりうる可能性があるのです。移植するドナーが全部成長期の毛根だったら、一斉に脱毛期に入ってしまいます。悲劇ですね。移植方法によってこのリスクは異なります。一定面積の皮膚をごっそり採取するFUT法であれば成長期と脱毛期の毛根ごとドナーにするのであまり問題になりませんが、狭い範囲をパンチ穴を空けるような感じでドナー採取するFUE法では気を使う必要がありそうです。この辺りはちゃんとした植毛クリニックでは考慮してくれるでしょう。しかし安価で施術例も少ないクリニックの場合はとりあえず移植しちゃえばその後どうなろうが知らないというスタンスで適当にやられてしまうかもしれません。

FU(Follicular Unit・フォリキュラーユニット)とグラフト(株)は

さて、最新の自毛植毛技術を知る上でまず最低限把握していただきたいのがFUとグラフトです。実際に移植を受ける時のクリニック選びの際にもFUやグラフトの知識が無いと費用などの比較がしづらくなりますので頑張って覚えておきましょう。

人間の頭皮を拡大すると毛穴が見えてきますが、一つの毛穴から一本の毛が生えているわけではなく、一般的には数本の毛が生えています。この毛穴のことを自毛植毛の時にはFUと呼びます。

また、自毛植毛する際に植え付ける移植片の一つ一つのことをグラフト(株)と呼びます。

2017年現在、最も一般的な自毛植毛クリニックでは一つのグラフトに一つのFUというのが主流です。以前は一つのグラフトに2~3個のFUを含んだMFU(ミニグラフト)と呼ばわれるものを使ってしました。こちらは取り扱いがFUよりも楽であったり施術時間が短くなり、結果的に植毛費用を押さえる事ができるために以前は主流でした。しかし移植した際の不自然さが際立ち、特に生え際の不自然さから植毛したことがバレやすくなり、定着率が低くなりやすく、さらに頭皮の傷が大きくなるという様々なデメリットから徐々にMFUは嫌われるようになり、現在は一つのFUで一つのグラフトにする方法が主流となっています。

ここのところは植毛クリニック比較する際に大事です。誰だって費用を抑えたいと考えますので、植毛費用の安いクリニックを優先してピックアップするかもしれませんが、そのクリニックはもしかしたらMFUなどの前時代的な植毛方法を使っているから費用が安いのかもしれません。また、前時代的な植毛方法で手術しているクリニックはその旨を知られたく無いのか、あまりwebサイトに詳しい施術方法を出さない傾向にあります。もし疑問点がありましたら、カウンセリングの際にしっかりと担当者に聞いてみましょう。

現在の二大植毛技術であるFUTとFUEについての比較

さあ、いよいよ2017年現在主流となっている植毛技術について詳しく解説してきます。FUT法とFUE法、とても名前が似ているこの2つが現在の一般的な自毛植毛技術です。

この2つは最後の1文字だけが違い、最初の2文字のFUは共通していますね。FUとは先ほど解説したFollicular Unit・フォリキュラーユニットのことです。

FUTとFUEの決定的な違いはこのFUを頭皮より採取する際の方法です。あまり専門用号を使っても患者さんに伝わりにくいので、FUTは「切る植毛」、FUEは「切らない植毛」とクリニックが説明する事もあるように、この両者は採取方法にメスを使うかどうかで区別することができます。

1995年に開発されたFUT法は、例えば縦3cm、横15cmのようにかなり大きめの面積で頭皮ごと切り取ってFUを採取します。メスで切るイメージですね。

それに対して2001年に開発されたFUE法はパンチと呼ばれる器具を使って部分部分の毛穴を採取するイメージです。パンチ穴を頭に空けていく、と言うとちょっと怖いですがそんな感じです。

それぞれメリットとデメリットがあるので下の記事で詳しく説明しています。

aga-aga.hatenablog.jp

まとめ

「自毛植毛完全マニュアル2017年版」いかがでしたでしょうか。

自毛植毛は非常にコストがかかるぶん、治療効果はプロペシア等を寄せ付けないほどに圧倒的です。現在の主流はFUT法とFUE法の二種類で、より先進的なのはFUE法ですが、まだまだ日本では手術できる病院が少ないのが現状です。もしお住いの近くにFUE法をやっている自毛植毛クリニックがあればぜひカウンセリングだけでも受けて費用を見積もってもらってはいかがでしょうか。新車が一台買えるぐらいお金はかかってしまうので、自分で納得できるまで悩みに悩んで自毛植毛を受けるようにしてみてください。

SBC毛髪再生医療センター