読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AGAと戦う人に読んで欲しいブログ

AGA(男性型脱毛症)・自毛移植・薄毛について調べた事を書くブログ

父親の薄毛は子供に遺伝する?AGA遺伝子検査のCAGリピートを見よう!

薄毛・ハゲは親子で遺伝するのか。父親が薄毛だと必ず子供も薄毛になるのか。
f:id:aga-aga:20150820194608j:plain

父親が薄毛だと子供も薄毛になる」「お爺ちゃんが薄毛だと孫が薄毛になる」

色々な説がありますが、薄毛の遺伝については「定説が無い」といった状態です。

これは何を意味するかと言うと、親や祖父の薄毛と子供の薄毛は直接的にはほとんど因果関係が無いということです。

AGA遺伝子検査

親が薄毛かどうかという表面的な情報よりも、AGA遺伝子検査で得られるCAGリピートという値の方が遥かに信憑性の高い情報です。

AGA遺伝子検査とは、薄毛の原因となる男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を体内に取り込みやすい体質かどうかを遺伝子的に検査するものです。

男性ホルモンの一種であるこのDHTは髪の毛にとっては天敵です。しかしDHTが存在するからといって、確実に薄毛になりやすいかと言えばそうではありません。学術的にはアンドロゲンレセプター受容体の感受性が高い人ほどAGA・薄毛になりやすい、と表現します。

以下の図のように、アンドロゲンレセプターの感受性が強い人は、AGAの天敵の悪玉ホルモンDHTをどんどんと体内で受け入れてしまいます。その結果髪の毛に悪影響を及ぼし(具体的には発毛のサイクルを狂わせ)、徐々に薄毛を発症します。逆に感受性が弱い人は体内にDHTがたくさんあってもその存在を無視できるので薄毛になり辛いのです。
f:id:aga-aga:20150820222025p:plain

アンドロゲンレセプターの感受性をはかる指標はいくつかありますが、その中でも「CAGリピート」は特に重要な数値で、この値が低い人ほどDHTによる悪影響をダイレクトに受けやすくなり、結果としてAGAを発症しやすくなります。

CAGリピートの値が親子間でどのように遺伝するのかどうかはまだよくわかっていませんが、近年濃厚になりつつあるのが、父親よりもむしろ母親の方から強く遺伝するという説です。アンドロゲンレセプターはX染色体の影響下にあり、このX染色体は母親から強く影響を受けて遺伝しやすいからです。

f:id:aga-aga:20150820201059j:plain

とはいえ薄毛になりやすいタイプの遺伝子が母親から遺伝しやすいというのはあくまで仮説であり、科学的に立証されたわけではありません。少なくとも言える事は、本人がAGA遺伝子検査をすればアンドロゲンレセプター受容体の遺伝子についてはきちんと数値として確認できるということです。この検査は普通の皮膚科等では行っておらず、一部のAGAに強いクリニックのみで実施しています。

どこの病院でも20000円ほどと費用はそれなりにかかってしまいますが、父親の薄毛を見て戦々恐々するよりは自己投資だと思って検査する方が精神安定上いいのかもしれませんね。

AGA遺伝子検査に関するさらに詳しい情報はこちらも参考にしてください。
www.fina.jp