AGAと戦う人に読んで欲しいブログ

AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

「リアップは唯一発毛効果が認められている」に覚える違和感

最近積極的にテレビCMを展開しているリアップ。f:id:aga-aga:20150819202802p:plain
その中で気になる文言がありました。

「リアップは唯一発毛効果が認められている」

製品のwebサイトにもこのように書かれています。

発毛剤・RiupX5(リアップX5)の製品情報 | 大正製薬
リアップX5は、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められています。つまり、既に始まってしまった脱毛に対して、その進行を食い止めて現状を維持するだけでなく、発毛の効果もあります。リアップシリーズは、日本で唯一発毛効果が認められた製品です。

リアップの有効成分「ミノキシジル」は世界で初めて発毛効果が認められた医薬品であることは事実です。日本では1999年より販売が解禁され、科学的に発毛効果が立証されていない有象無象の育毛剤に対して大きなアドバンテージを誇りました。

しかし2005年に厚生労働省に認可されたプロペシア(有効成分フィナステリド)の登場により、「唯一発毛効果が認められている」という冠は外す事になったはずです。プロペシアも同様に発毛効果が認められているからです。

リアップ(ミノキシジル)とプロペシア(フィナステリド)が発毛に作用するメカニズムは全く違うものですが、どちらも正式にアメリカのFDAや日本の厚生労働省に認可されています。

どちらを選択するべき?どちらも併用していいの?

体内の男性ホルモンの一種であるDHTによって引き起こされるAGAの薄毛。プロペシアはこのDHTの働きを抑制することでAGAの根本原因を取り除こうとしますが、リアップ(ミノキシジル)は血管を拡張し血流を増やす事で(副作用的に)発毛が促進されます。この全く違う二つのメカニズムを持つ両者ですから、どちらを併用しても構いません。一般的にリアップは比較的即効性があり、プロペシアは効果が現れるのが遅い傾向にあります。

それでは、費用面でどちらか一つしか選択できない場合はどちらを選ぶべきでしょうか?

人のAGAの具合には個人差がありますので一概にどちらかが適していると言い辛い側面があるのですが、どうしても一つ選ぶならばプロペシアになるでしょうか。リアップの有効成分ミノキシジルは確かに強力な発毛作用を持っていますが、しかし日本で認可されているのは頭皮に塗るタイプだけであり、体内への浸透力が極めて弱いと言わざるをえません。プロペシアのような内服薬と比べて、皮膚に塗るだけでは体内に有効成分がなかなか取り込まれないのです。

これはある意味仕方のないことで、皮膚についたものをどんどんと体内に取り込んでしまえば、人間にとって有害な物質も同じように体内に入ってきてしまいます。それを防ぐ為のメカニズムがリアップ(ミノキシジル)に対しては逆効果となってしまっているわけです。

リアップもプロペシアも良いところはある、しかし「唯一発毛効果が認められている」には違和感を覚える、という記事でした。

広告を非表示にする