その育毛剤、効かないよ?

育毛剤の嘘・AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

若新雄純さんはミノタブを飲んで全身脱毛する羽目に

AGA治療で改善したことを公表している若新雄純さんとは?

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の特任准教授やNEET株式会社の発起人としても知られる「若新雄純」さん。多種多様なご活躍をされていてテレビ番組のコメンテータとしても目にする機会が多い方です。

そんな若新雄純さんが、2020年をめどに実用化を目指している国内の毛髪再生医療のニュースの際に、ミノタブを飲んでいることをネットテレビの番組でコメントしていました。

・20代頃から薄毛が始まってショックを受けた
・ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を7年前から飲んでいる
・ミノタブで髪の毛が増えたが、服用をやめると減ってしまう
全身の毛が増えてしまうので全身脱毛に通っている

若新雄純さんは男性としては珍しく年齢を非公開にされているようで、現在おいくつなのかは不明です。しかし大学卒業年度などから推定するに30代前半なのではないかとささやかれています。

つまり20代前半でミノタブを飲み始めたということですね。

プロフィール | 若新ワールド

若新雄純さんの公式サイトではM字ハゲが進行して深刻な状態になっている写真が掲載されています。現在の髪の毛を見ると、かなり改善されている様子がわかります。やっぱりミノタブって効くんですね。M字の最奥部は前髪で隠れていますが、最悪の状態よりは随分と生え際が前進しています。

リアップは生え際・M字ハゲにはあまり効果が無い傾向にありますが、ミノタブの場合は関係ありません。



ミノタブで全身脱毛せざるをえないぐらい体毛が増えてしまった

ただ、注目すべきデメリットとして「全身脱毛が必要なぐらい体毛が濃くなってしまう」という点をあげているのは見逃せません。これこそがミノタブの最大の副作用でしょう。

同じミノキシジル医薬品でも、頭皮に塗るリアップは基本的に毛髪しか生えてきません。有効成分ミノキシジルが体中に巡ることはないのでしょう。

それに対して錠剤を服用するミノタブ=ミノキシジルタブレットの場合は、有効成分が腸から吸収され、血管を通して全身に巡ります。
そのため、理論上は全身の毛が濃くなってしまうというわけなのです。

実際に若新雄純さんのように全身脱毛が必要なぐらい体毛が濃くなってしまうケースが報告されると、ミノタブの強力な育毛効果に対して改めて感心しちゃいますね。

ちなみに全身脱毛はかなりお金がかかります。
手足、胸、腹を全てやるとすると1年で8は通って30万円以上でしょうか。それでも完全には脱毛できません。
髪の毛を生やすためのミノキシジルタブレットの費用より、全身脱毛の費用の方がかかってしまっているのは皮肉なものです。

毛髪再生医療が実現すれば、全身脱毛費用に使っている費用をそのまま毛髪再生医療に充てられるんですけどねえ…。

1日でも早く実現・実用化してほしいものですが、費用的に2020年の段階で一般人は毛髪再生医療は受けられないと考えています。
詳しくは以下の記事でどうぞ。

aga-aga.hatenablog.jp