その育毛剤、効かないよ?

育毛剤の嘘・AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

フィナステリド(プロペシア)の1mg錠と0.2mg錠に効果の違いはある?

よくある疑問:
プロペシアの1mg錠と0.2mg錠には薄毛治療効果の違いはあるのでしょうか?

薄毛治療にフィナステリド(プロペシア)の服用を考えています。
調べてみるとプロペシアには1mg錠と0.2mg錠があるようなのですが、違いについて教えてください。

フィナステリドは1mgを服用すべき


ほとんど薄毛治療効果の差はありませんが、フィナステリドは1mg錠の処方が一般的です。

プロペシア開発元の製薬会社(メルク)による調査では、プロペシアの1mg錠と0.2mg錠の薄毛治療効果の差は微々たるものとされています。
ただし若干1mg錠が良好です。
そのため1mg処方が一般的となっているのです。

なお1mg錠と0.2mg錠の薬価の違いはありません。
どこの病院でもほぼ同じ価格で処方されています。
そのため0.2mgの需要は無く、ほとんどの病院が1mgを処方しています。

肝臓への負担をできるだけ減らしたいなどの理由が無い限りはフィナステリド1mg錠で薄毛治療するのが一般的と言えるでしょう。

なお、そもそも病院や調剤薬局ではフィナステリド0.2mgを在庫として持っていないところも多いようです。


結論:
フィナステリドは1mgを服用すべし!