その育毛剤、効かないよ?

育毛剤の嘘・AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

チャップアップは日本一売れている、最悪の育毛剤

チャップアップは日本で一番売れている育毛剤。
でもチャップアップに髪の毛を生やす効果は全くありません。
嘘、デタラメにまみれた最悪の育毛剤です。

「そんなはずはないでしょ!」
「日本一売れているんだから、それなりに効くんじゃないの?」
なんて思う人も多いでしょう。
でも残念ながらチャップアップは効きません。

この記事ではなぜチャップアップに効果が無いのかを徹底的に解説しています。

・成分
・育毛理論
・販売手法
などなど、色んな角度から日本一売れている育毛剤チャップアップを全否定しています。

最後まで読んでもらえれば、必ずチャップアップに発毛効果なんてない、高いだけの液体だと確信してもらえるはず。

株式会社天真堂が製造し、株式会社ソーシャルテックが売る、最悪の育毛剤チャップアップの全貌を暴きます。
ちょっと長いですけど、ぜひ読んでみてください。

チャップアップには発毛成分が全く入っていない

チャップアップには「厚生労働省が認めた成分が入っている」という宣伝文句をよく見かけますが、だまされないでください。

チャップアップの成分数83を全て確認しましたが、1つも発毛成分は含まれていません。

チャップアップの成分は全て「フケが減る」「髪の毛が艶やかになる」程度の効果しかなく、すでに抜け落ちた髪の毛を生やす「発毛効果」は無いんです。

つまり、ハゲを治す効果を持つ成分なんて1つも無いんですよ。

チャップアップは効かない
チャップアップに激怒する人

ご自慢の「3つの有効成分」は全部効かない!発毛しない!

センブリエキスはハゲに効かない

センブリエキスは効果なし。
発毛効果はありません。

センブリエキスはチャップアップ渾身の有効成分で、厚生労働省が認可した育毛成分!と派手に宣伝していた時期もありました。

全然、髪は生えないけどね。

リンドウ科センブリ属のセンブリという植物から抽出したセンブリエキスには、以下の効能が確かに厚生労働省から認められています。

・血行促進作用
・抗酸化作用
・抗炎症作用

「なんとなーく」髪の毛に良さそうですよね?
そう、この「なんとなーく」程度の効果しか無いんですよ、センブリエキスには。

厚生労働省がセンブリエキスを認可したって言っても「なんとなーく使ったら頭皮がスッキリするよね」程度のものなんです。

髪の毛が生えるなんて、厚生労働省は全然認めてないんですよ。

厚生労働省が発毛効果を認定しているのは「フィナステリド」と「ミノキシジル」という2つの成分だけです。
フィナステリドはプロペシアという医薬品で2005年12から処方されていますし、ミノキシジルはリアップという名前で1999年から薬局で売られています。

日本で発毛効果を厚生労働省が認めているのはこの2つだけ。
その他大勢の成分に対しては「せいぜい頭皮がすーっとして気持ちが良い」「フケがなくなる」「すでに生えている髪の毛にハリが出るかもね」ぐらいの効果しか認定していません。

それなのに、チャップアップを始めとした育毛剤メーカーは、センブリエキスで髪の毛が生えるかのように見せかけて宣伝してるんですよね。

これホント酷い。
皆さん腹立ちませんか?

センブリエキスに発毛効果なし!
厚生労働省は認定していません!

グリチルリチン酸ジカリウムは効果なし

グリチルリチン酸ジカリウムにも発毛効果はありません。
厚生労働省はこれっぽっちも発毛効果を認めていません。

グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料として使われる事が多い「甘草」の根に多く含まれる成分です。
炎症を抑える効果が一応認定されているので、日焼け止めやシャンプーなどに使われています。

グリチルリチン酸ジカリウムは育毛剤メーカーにも大人気で、チャップアップにも入っています。
「抗炎症効果で頭皮環境を整える」なんて書けば、なんとなく効きそうですよね?
成分自体も安いし育毛剤メーカーいしてみれば使い勝手がいいんですよ。

で、このグリチルリチン酸ジカリウムも発毛効果は一切ありません。
髪の毛が生えてくる効果を厚生労働省は認定していませんし、他の国も同じです。
日焼け止めやシャンプーに使われるような成分なんかに、発毛効果なんてあるわけないんですよ。

でもグリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症効果が一応認められているんで、それをチャップアップなどの育毛剤メーカーは髪の毛にいいよ〜って宣伝するんですよ。

腹立ちませんか?
効かないのに。
生えてこないのに。

塩酸ジフェンヒドラミンは名前だけ強そう

チャップアップが誇る3つの有効成分の大トリを飾るのは塩酸ジフェンヒドラミンです。

名前だけは、めっちゃ強そう。
髪は生えないけど。

名前だけ強そうなチャップアップの「塩酸ジフェンヒドラミン」
名前だけ強そうなチャップアップの「塩酸ジフェンヒドラミン」

塩酸ジフェンヒドラミンには一応「抗炎症効果」や「血行促進効果」が雀の涙ほどの効果ですが一応認められています。

でも肝心の発毛効果は、厚生労働省はもちろんどこの医薬品メーカーでも確認していません。

繰り返しになっちゃうんですが、抗炎症効果とか血行促進効果なんて、そんなもんで髪は生えないんですよ。
血行促進効果のある成分なんて世の中に大量に存在するし、多少血行が良くなった程度では髪の毛は生えません!

男性の薄毛の大半はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが原因です。
この男性ホルモンをどうにかしないと、髪の毛は絶対に絶対に生えない。

チャップアップに含まれている塩酸ジフェンヒドラミンに抗炎症効果があろうとも、血行促進効果があろうとも、そんなものはジヒドロテストステロンの前では無力です。

塩酸ジフェンヒドラミンの塩酸ジフェンヒドラミンは効果なし。
厚生労働省が認めているなんて書いているサイトは全部ウソです。

チャップアップの広告宣伝手法を否定する!

日本一売れているチャップアップは、言い換えると日本一売るのが上手い育毛剤ってことです。
効果は無いのになぜここまで売れているのか、チャップアップの「効かないのに効いてるように見せかける」広告宣伝手法に迫りましょう。

アフィリエイトブログがチャップアップの嘘を支える

チャップアップの売上を支えるのはアフィリエイトブログです。

アフィリエイトとはブログなどでチャップアップのような商品を紹介した人に対して、実際に売れたら1本あたり〜〜円という報酬を渡す広告手法です。

私はアフィリエイトという広告手法自体は否定しません。
本当に価値のあるものであれば、ブログで自信を持って勧めればいいと考えます。

しかしチャップアップにはあまりにも高額なアフィリエイト報酬が設定されているために、効かないのに効いていると言い張るブログが多すぎます。

ビックリしないでくださいね。
チャップアップをブログで紹介した人に株式会社ソーシャルテック(チャップアップの販売元)からいくらの報酬が入ると想いますか?
なんと1本5400円です。

チャップアップの価格は1本8000円程度ですから、その〜7割近くが広告報酬としてアフィリエイトブログに支払われる事になります。

これだけ高額な報酬が得られるので、効きもしないチャップアップをさも髪の毛が生えるかのように見せかけて勧めるブログやサイトがネット中に溢れかえるってわけです。

「チャップアップが効いた!」って嘘の口コミが大量に溢れかえるのは、1本売って5400円もの報奨が入るアフィリエイトのおかげだったんです。

ウルトラマンをイメージキャラクターに起用

チャップアップのイメージキャラクターにはウルトラマンが起用されています。

ウルトラマンといえば日本を代表するキャラクターの1つですよね。
特に30代後半〜50代の人にとっては幼い頃にウルトラマンに夢中になった人も多いでしょう。

そんなウルトラマンがチャップアップのイメージキャラクターに採用されているというわけで、「チャップアップはしっかりした商品なんだろう」と思い込んじゃうわけ。

うまいなあ、販売会社。

悲しい話ですが、今やウルトラマンというキャラクターの版権は以前のような高嶺の花ではなくなっています。
ウルトラマンを経営していた円谷プロの業績低迷で、色んな会社に版権が渡ってしまい、2010年にはパチンコ企業である「フィールズ」が確保しました。
一時期ウルトラマンがパチンコ台に溢れかえっていたのはこのせいだったんです。

もはやウルトラマンは70年代から80年代にかけて子供が憧れたヒーローではなく、パチンコや効かない育毛剤チャップアップのイメージキャラクターに使われるダーティーヒーローになってしまいました。

つーかウルトラマン、髪の毛ないじゃん。
せめて髪の毛生えているキャラクターにすればよかったのに。

育毛剤満足度ランキング首位!のくだらなさ

チャップアップが育毛剤の顧客満足度ランキングで、見事に3冠に輝いたなどという宣伝をしていた時期があります。

こんな調査は全く当てになりません。
これっぽっちも信憑性がありません。

だいたいですね、育毛剤自体が髪の毛を生やす効果がないのに、その中で1番になったってどういうことですか。
本当に髪の毛を生やす効果があると認定されている医薬品(フィナステリド、ミノキシジル、デュタステリドなど)と比べて1番にならないと意味ないじゃないですか。


効かない育毛剤同士で争って「1番!チャップアップが1番!凄いでしょ!」とか言われても、興ざめなんですよ。

野球に例えましょうか。

医薬品はプロ野球選手なんですよ。
チャップアップみたいな育毛剤は町内会の草野球チームのおじさんなんですよ。

チャップアップの育毛剤顧客満足度ランキング1位って「俺は草野球チームの中では一番上手いぜ〜」って言ってるようなもんですよ。

なんでプロ野球選手も混ぜないんですか?
なんで町内会のおじさんの中で一番上手いからって自慢してるんですか?

あまりの馬鹿らしさに呆れてしまいます。

だいたいこの顧客満足度の調査方法もどこまで信用していいのかわかりません。
どうせチャップアップが1位になるようにしてるんでしょう。
しっかりした第三者機関が企画した調査ではなく、チャップアップ絡みの調査なんですよ。

あとね、顧客満足度って何だよって話で。

「発毛効果」ではなく「顧客満足度」ですからね。
例えば、使った時に頭皮が気持ちがいいとか、そんな理由で1番って言ってる可能性が高いんですよ。

チャップアップの公式ページでの主張って、突っ込みどころが満載すぎて呆れます。

無期限返金のカラクリ

チャップアップには無期限返金保証というシステムがあります。

ネット販売育毛剤の大半には無期限返金保証があるんですが、その多くが「30日」などと期限を区切っています。
初めて購入してから30日以内に返品すれば、お金は返しますよっていうシステム。

で、チャップアップの場合はその返金期限が全く無い「無期限返金」ってのを大々的にアピールしています。

チャップアップを売りたいブログは、チャップアップの無期限返金保証を利用してこのように主張するパターンをよく見かけます。

「無期限返金保証を行っているということは、それだけ効果に自信があるっていうこと」
「だからチャップアップは凄い!本物だ!買え!」

ってな感じ。

育毛剤の返金保証システムについては、多くの利用者がその実態を暴いています。
たいていの人は育毛剤メーカーにこのように説得されるんですよ。

「今やめちゃったら、もったいないですよ?
このままハゲてもいいんですか?
もうちょっと続ければ必ず生えてきますよ!」

ってな感じに、コールセンターのお姉さんが全力で返品・返金・解約を阻止しようとするんです。

この程度の説得で返品を思いとどまっちゃう利用者側も弱気すぎるという意見もありますけどね、私も同じ男ですから薄毛の人のコンプレックスとか焦る気持ちは私には痛いほどわかります。

「もう少し続けてみよう…チャップアップを信じてみよう…」

ってなっちゃうんですよね。
ほんと人間のコンプレックスにつけこむ商売って酷いなあと感じます。

【まとめ】チャップアップに騙されて人生を台無しにしちゃ駄目!

チャップアップを使うと、もちろん損をします。

何を損するかって?
お金?

違います。
確かにお金も損しますけど、何よりも損するのはあなた自身の「人生」です。

だってチャップアップで髪は生えないんですよ。
あなたの薄毛はチャップアップで治るどころか、チャップアップを使ってる間にどんどんと進行しちゃいます。
ハゲまっしぐらですよ。

そう、損するのはお金なんかじゃない。
あなたの人生。

髪の毛があれば、もっと前向きに明るく楽しめたはずの人生を、効かない育毛剤チャップアップなんかのせいで台無しにしちゃうんですよ。

チャップアップをすでに使っている人も、これから使おうとしている人も、まずは落ちついてこの記事を何度も読み返してみてください。

何度も読み返した結果、それでもチャップアップで髪の毛が生えてくると思うのなら、私はもう何も言いません。
チャップアップの空き容器に囲まれて、薄毛という地獄にどっぷり浸かることでしょう。

もしこの記事を読んで「チャップアップはやめとこう!」と決意した人。

大正解です。
正しい。
100%あなたは正しい。

チャップアップみたいに効かない育毛剤を使うより、フィナステリドやミノキシジルのような「本当に厚生労働省が発毛効果を認定した医薬品」を使うべきです。

育毛剤では髪の毛は生えない。
医薬品なら髪の毛が生えてくる可能性がある。

とにかく、この事実だけは頭に入れておいてください。