AGAと戦う人に読んで欲しいブログ

AGA・自毛植毛・毛髪再生医療・薄毛について

「育毛にはビオチンを摂る」の嘘

ビタミンB7こと「ビオチン」。このビタミンが体内で少なくなることで脱毛が起きるのは確か。 でも現代の日本人がビオチン不足になることはまずありえません。 だから「薄毛対策にビオチンを摂ろう!」っていうのは真っ赤な嘘なんです。 ビオチンが多く含まれ…

プロペシアの特許切れ前にジェネリックが出た訳

2005年に当時の万有製薬、現在のメルク(MSD)が本家のプロペシアを国内で処方開始してから10年以上が経ちました。プロペシアはミノキシジル(リアップ)と並んで日本の薄毛治療を根本的に変えた大功労者だったと思います。怪しげな育毛剤、育毛シャンプーや育毛…

自毛植毛のFUTはどんな人に向いていないのか

少し前までは日本でもニードル式自毛植毛や人工植毛が主流でしたが、最近ではまともな植毛クリニックではほぼFUTとFUEの2つの方法を採用しています。どちらの方法も一長一短なのですが、ここではFUTが向いていないのはどんな人なのかを解説したいと思います…

自毛植毛のメディカルローン利用率、審査、金利などについて

自毛植毛は一般的に80万円から200万円ほどの手術費がかかります。 これだけの金額を現金一括払いでポンっと支払える人はそうそういないでしょう。 クレジットカードでの支払いにしても、これだけの金額となると限度額が不足しがちです。そこで大半の人が利用…

自毛植毛の2大手法・FUTとFUEを比較してみた

自毛植毛を受けようと考えている人が必ず悩むのが、2017年現在の自毛植毛の世界的な二大手法であるFUE法とFUT法のどちらで植毛を受けた方がいいのかどうかです。クリニックごとにその呼び名も異なるために(例えば湘南美容外科クリニック!ではFUE法をARTASと…

なんと薬局で薬の偽造品が見つかる

とんでもないニュースが流れてきました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170117/k10010842631000.htmlwww3.nhk.or.jp薬局でC型肝炎の治療薬を処方してもらったところ、なんと中身が偽物だったという衝撃的なニュース。ハーボニーという薬で、なんと一錠…

自毛植毛完全マニュアル2017年版

この記事では現在薄毛治療に対して最も確実性が高く、そのぶん費用も高いと言われている自毛植毛について解説します。2005年に登場したプロペシアの陰に隠れて薄毛治療としては地味な存在として扱われてきましたが、自毛植毛はここ10年で劇的な進化を遂げき…

毛髪再生医療がついに実用化寸前!?

心臓や肝臓よりも先に毛髪再生医療が実用化しそうな気配 iPS細胞などに代表される再生医療が注目を集めていますが、なんとその再生医療の先頭を走るのが「薄毛治療」。なぜ薄毛が再生医療の先頭を走っているんでしょうか? 心臓・肝臓など人間にとってもっと…

父親の薄毛は子供に遺伝する?AGA遺伝子検査のCAGリピートを見よう!

薄毛・ハゲは親子で遺伝するのか。父親が薄毛だと必ず子供も薄毛になるのか。 「父親が薄毛だと子供も薄毛になる」「お爺ちゃんが薄毛だと孫が薄毛になる」色々な説がありますが、薄毛の遺伝については「定説が無い」といった状態です。これは何を意味するか…

「リアップは唯一発毛効果が認められている」に覚える違和感

最近積極的にテレビCMを展開しているリアップ。 その中で気になる文言がありました。 「リアップは唯一発毛効果が認められている」 製品のwebサイトにもこのように書かれています。 発毛剤・RiupX5(リアップX5)の製品情報 | 大正製薬 リアップX5は、「壮年性…

仙台のAGAクリニックまとめ

東北一の人口104万人を誇る、杜の都・仙台。 仙台でAGA治療を受けるクリニックに迷っているなら、こちらの2つのAGAクリニックが有望です。 湘南美容外科クリニック(旧ルネッサンスクリニック) マドレクリニック 特に湘南美容外科クリニックはお勧め。2017年7…

北九州・小倉のAGA治療病院

100万都市の割に選択肢が少ない かつては日本を代表する工業都市だった北九州。今でも人口97万人を誇る日本で12番目に人口の多い市です。しかし、同じ福岡県にある県庁所在地であり九州一の商業地・福岡市が近い事もあって、商業的にはかなり水を空けられて…

横浜のAGAクリニック選びマニュアル 2015年度版

神奈川県・横浜市。 人口減時代にあって着実に人口を増やし、今では大阪市を抜いて政令指定都市としては日本最大の人口を抱えるこの街が今AGA治療クリニックの大激戦地となっています。ほんの数年前までは、日本を代表する大都市にも関わらずAGA治療薬「プロ…